So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第9回星空宇宙天文検定を受けた [その他]

去年、天文宇宙検定の2級と3級を受験し両方合格できた
3級は成績優秀ということで御褒美に双眼鏡を頂戴した。同日に4級を受験したウチの娘も無事合格した。
今年は星空宇宙天文検定を受験した。
天文宇宙検定と星空宇宙検定は名前が似ていて出題範囲も被っているところもあるが、主催者以外にも違いある。

天文宇宙検定は天文学に関する知識を問う検定で、実益に直接繋がるようなものではない。
解答は4択マークシート式で、年1回、全国5か所で開催される。
例年、時間内に全てを答えきれない人がいるらしいほどの問題量で、私も見直しの途中で時間切れになった。

星空宇宙検定は星空に関する知識を問う検定で、これも趣味性の強いものだ。
解答は記述式で、年2回、東京都三鷹市で開催される。
星座の名前や位置、恒星の固有名やメシエ天体の番号と愛称、位置や種類等を覚えていないと高得点は難しい。

天文宇宙検定は4~1級、星空宇宙検定は5~1級に分かれていて、どちらも得点で級が決まるのではなく、級別に受験して所定の点数に達していれば、その級に合格となる(天文検定の1級は今年から得点によって1級と準1級に分かれるらしい)。
どの級からでも受験でき、連続した二つの級を受験できるが、1級は2級合格者でなければ受験できない。
本や公式サイトで過去の問題が解説付きで公開されているので、自分の今のレベルを確認することができる。
天文宇宙検定は公式テキストも出ており、これは受験する気がなくても天文学を広く学ぶのによい本だと思う。

4択マークシート式ならうろ覚えでも25%の確率で正解できそうだが、記述式はうろ覚えでは解答すらできない問題も出てくる。去年は天体の名前などほとんど覚えていなかったので、天文宇宙検定を受験することにした。
今年の夏になっても、相変わらず天体の名前は覚えられずにいたが、自信がないと逃げ続けていても埒が明かないので、自分に発破をかけるためにも2級と3級の受験申し込みをした。

試験勉強では過去問を何回か解き、自分の苦手を確認し、それを克服することにした。これは天文宇宙検定を受験するときにも行った方法だ。
自分の苦手はやはりメシエ天体だったので、比較的有名な天体に絞って覚えることにし、自分で星座盤にメシエ番号と種類がわかるように書き込んでいった。
星座に関する神話も苦手だが、覚えている範囲の問題ができることを祈って、試験に臨んだ。

勉強の甲斐あってか、3級は開始から10分弱で、2級は20分程度で解答と見直しができた。前日になんとなく過去の1級の問題と解説を見たのも役に立った。
後日の自己採点では十分に合格できる内容だったが、2級の受験した頃の土星の輪の見え方を問う問題を、思い込みで間違えていた。8月中に何度も望遠鏡で土星の輪を見ていたのに間違えたのがとても悔しい。

受験から10日もしないで点数の連絡がきた。3級は100点、2級は96点だった。
ウチの娘も同日に5級を受験して合格した。4級相当の実力はあると思っているが、段階を踏んで学んでほしく、また、4級を同時に受ける集中力もないと考え、5級のみの受験とした。今年は娘の付き合いで妻も5級を受験し、満点合格だった。
申し込みの際、別々に申し込んだのに、まとめて割り引いてくれた事務局にも感謝したい。

今度は星空案内人の資格を取るつもりだ。資格と言っても公的なものではないのだが、意外と人気があるようだ。
何回か講義を受ける必要があるが、受講したくてもすぐに定員になって締め切られたり、抽選になったりすることも多いらしい。

マツダ デミオ(DY)からデミオ(DJ)に買い替えた [クルマ/バイク]

我が家で10年乗り続けたデミオ(2005年式DY5、以下DY)を買い替えることにした。
DYに不満があるわけではなく、10年を超えると維持管理の手間が増えることが懸念されるからだ。
DYを選んだ理由は、主に運転する“MT限定免許”である妻の希望が「MTのコンパクトカー」だったからだ。
コンパクトカーでスポーツバージョンや営業車・レンタカー向けと思われる最廉価バージョンを除けば、MTが選べるのはデミオだけしか見当たらなかった。今回の買い替えでもその状況は変わらない。
しかし、DYの時は消去法的に選んだのだが、マツダというメーカーと、現在お世話になっているディーラの印象も良いので、他社・他車を選ぶつもりはなく、買い替えの対象はデミオ(以下DJ)一択だった。

DJではまず1.5ディーゼル(以下1.5D)か1.3ガソリン(以下1.3G)を選ぶことになる。
DYが1.5Gだったので1.5Dにするつもりだった。
厚いトルクが期待される1.5Dだが、試乗した印象ではターボが効きはじめるまでの加速感が弱く思えた。
我が家で想定される使い方はチョイ乗り主体であることから、担当営業さんからの薦めもあり、1.3Gに決めた。

納車後に乗り回した印象では、流れに合わせて走る分には1.3Gで不満はない。高速への合流でも不足に思うことはなかった。
MTはギアの入りが気持ちよく、シフトチェンジが楽しい。

サスペンションとシートは程よい硬さで、車体の剛性感もDYより上だと思う。長距離を運転しても疲れにくそうだ。DYの前に乗っていた国内最大手自動車会社のコンパクトカーはすぐに疲れた。

パワステは我が家のクルマとしては初の電動パワステ車になるが、車検時の代車として借りたことのある3代目デミオ(DE)の電動パワステよりもフィーリングが良いと思う。

DJは今時のクルマらしくアイドリングストップ機能(以下IS)がある。
ギアをニュートラルに入れ、クラッチペダルから足を離すとISが作動し、クラッチペダルを踏むとエンジンが再始動する。人間がギアを選択している間に再始動が完了すればよいので、再始動までのタイムラグで違和感はない。人間がもたつけば発進が遅れるのは、MTならばISがあってもなくても関係ない。

坂道発進時にブレーキを維持(最大2秒間)してくれるヒルローンチアシスト(以下HLA)も装備されていて、従来どおりサイドブレーキを引けばHLAはキャンセルされるようだ。私は坂道発進のときはブレーキを離す前から半クラにしているので、多少の坂ではずり落ちるようなことはないが、きつい坂や坂道で渋滞したときにはHLAに頼って楽ができそう。

DJで最大の難点は後席の居住性と小物入れなどの収納性だ。DYよりも大きく劣る点だが、試乗する前からわかっていたことだから覚悟の上だ。
ただ、室内空間が狭くなった分、空調の効きは良くなったように思う。

オーディオはUSBメモリに入れたMP3やAACのファイルを再生できる。
私の手持ちのオーディオデータはMP3か、x-アプリで取り込んだウォークマン用のATRACで、ATRACはロスレスもある。
これらはMediaGoでUSBメモリに転送すると適宜変換され、DJで再生できた。MediaGoはATRACのロスレスもATRACとして扱うので、データの共用が問題なく出来た。
DYもDJもうちのは標準装備のスピーカーだ。車内騒音も減っているのか、DYもよりもいろんな音が聞こえ、音質が良くなった気がする。

最近のマツダ純正ナビは評判が悪いらしいが、今のところ不満は見当たらない。
10年前の純正ナビよりもずっと使いやすいように思う。

ラブジョイ彗星の撮影に再挑戦 [カメラ]

前回頭しか写せなかったラブジョイ彗星(2014 Q2)。
自宅(一応、都内)から、望遠鏡にカメラを直付けして再挑戦してみた。
しかし、今回も尻尾までは写せなかった。
Lr5-lovejoy2014q2 20150117l.jpg

水星と彗星 [カメラ]

水星が東方最大離角に近づいていて、夕方に見やすくなってきた。
とても明るいのが金星、その右下の点が水星。
金星と水星.jpg

ラブジョイ彗星(2014 Q2)が明るくなってきたと聞いたので撮ってみた。
尻尾は写っていないが、多分彗星の頭だと思う。
Lr5-lovejoy2014q2s.jpg

第4回天文宇宙検定の結果 [その他]

10月に受けた天文宇宙検定の結果が届いた。

天文宇宙検定 合格証書m.JPG

一緒に受けた娘も4級に無事合格。
ホッとした。

巨大黒点群 [カメラ]

地球の10倍ぐらいの大きな黒点群が見られるというので、ND400を2枚重ねで撮ってみた。
DSC06090t.JPG

第4回天文宇宙検定を受けた [その他]

2012年の金環日食を見てから宇宙への興味が子供の時以来再燃し、星空の写真を取るようにもなった。
天文に関する知識や情報を得るために本やネットを見て回るうちに、天文に関する検定があることを知った。

私が知ったのは「星空宇宙天文検定」と「天文宇宙検定」、「星空案内人(星のソムリエ)」の3つ。
検定の趣旨はどれも良いのだが、星空宇宙天文検定には記述式の問題があり、星空案内人は指定講座の受講が必修なので、問題が全て4択で受験に特別な条件がない*天文宇宙検定を受けてみることにした。
(*1級は2級合格者のみ受験可)

過去の問題と解答が公開されているのでざっと見てみたところ、3級はなんとかなりそうで、2級は厳しそうに思えた。
ウチの娘(小3)も星空に興味を持っているので、娘は4級、私は3級と2級を受けることにした。

公式テキストと問題集で予習をしたところ、試験直前では娘のほうの正解率が高かった。

そして迎えた試験日。
試験会場となった大学構内の雰囲気もよく、試験開始まではリラックスできた。
いざ始まると、最初はマークシートを塗りつぶす手が震えるほど緊張してしまったが、四分の一ほど記入したところで緊張も少し緩んだ。

試験を終えた娘は得意分野の出題が少なく、自信が無いようだった。
私は3級には手応えを感じたが、2級は合格ラインギリギリ(不合格寄り)に思えた。
正式な解答が出る前の自己採点で、3級は97点、2級は86点。
当てずっぽうで正解した問題もあったが、問題の読み間違えでハズした問題もあり、もう少し見直す余裕があればと、悔いが残った。。
自己採点に間違いがなければどちらも合格だが、2級は自己採点にも自信がない状態。

合否発表は11月末。
娘も私も受かっていてほしい。

ロードスター、幌撥水剤のコツ [クルマ/バイク]

ロードスターの幌には撥水剤を塗っている

ネットを徘徊しているとき、撥水剤を塗ったあとに強制的に乾かすと撥水力が強く長持ちするというのを見た気がするが、どこで見たかを記憶も記録もない。
とりあえず、試してみることにした。

幌に撥水剤を塗ったあと、右半分をドライヤーで念入りに、左半分を適当に乾かしてみた。
雨降りの日に幌の様子を見てみると、右半分の方には水玉が見られたが、左半分は濡れていた。
撥水剤塗布後に強制的に乾燥させるのは効果があるようだ。

ドライヤーで幌全面をしっかりと乾燥させるのは面倒臭いので、後日日向で塗布作業を行った。
それ以後は以前よりも撥水が維持されている。

悩ましいのは、ボディ洗車のことを思えば日差しは大敵、幌撥水加工のことを考えると日差しがありがたいと、相反することだ。

月面X 0407 [カメラ]

4月7日、NEX-6にケンコー ミラーレンズ500mmF6.3をつけて月面Xを撮影した。
薄く雲がかかっていたが、Xとわかる程度には撮れた。

月面X
DSC04908ss.JPG

全体(クリックで原寸大表示)
DSC04908s.JPG

東京でも大雪 [カメラ]

予想以上に降っているが、積雪の様子ではなく、雪の結晶を撮ってみた。
雪の結晶 2014-02-08_01.JPG
雪の結晶 2014-02-08_02.JPG
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます