So-net無料ブログ作成

ロードスター、幌の撥水 [クルマ/バイク]

私はロードスターを運転するとき、余程のこと(雨とか花粉が多いとか)がない限り、オープンで走る。30分にも満たない通勤時もオープンで走る。
オープンで走っていると車室内が結構埃っぽくなる。以前乗っていたNBのシートはファブリック地で、たまに掃除していたが、埃が溜まって酷かった。
だから、NCに買い換えるときはレザーのシートを選んだ。レザーなら軽く拭くだけで済むと思ったからだ。

今のNCではレザーシートを選ぶと幌はファブリックとなる。
ファブリックの幌のメンテナンス用品は、探せば色々あるのだろうが、何軒か回ったうちで私が見たのは以下の二つ。
 ・オートグリム カブリオレ・ファブリック・フード・メンテナンスキット (クリーナーとプロテクターのセット)
 ・モータウン ソフトトップメンテナンスキット3 (シャンプーとウォータープルーフ、専用スポンジのセット。単品でも売られている)
オートグリムのは高そうだし(本来は内容量と1回の使用量を考慮して比べるべきだが、なんとなくイメージで…)、モータウンのはシャンプーに紫外線吸収剤が入っているので、モータウンのソフトトップメンテナンスキット3を選んだ。

実際の使用感だが、シャンプーの洗浄力は幌がまだ新しいくて汚れていないのでよくわからない。
撥水が効いていれば酷く汚れることもないだろうから、セットで使いつづけていると実力がわからないままだろう。

ウォータープルーフは幌が乾いた状態で作業するようにあるので、洗車直後では作業できない。
見た目は揮発性の高そうなサラサラの透明な液体で、塗り伸ばすような感触はない。どこまで塗布できたかが見た目ではわからない。
塗りの残しがないようにするためにも、複数回塗布するのがいいだろう。
作業中は湿度が高いときでも静電気でバチバチするようだ。神経質になることでもないだろうが、火気厳禁な雰囲気では作業しないほうがいいかもしれない。

ウォータープルーフの撥水効果だが、さすがに台風のようなたたきつける雨に長時間さらされると雨がしみ込む(勿論、車室内にまでしみ込むことはない)が、乾けば撥水性は戻る。
気持ち良いぐらいの撥水性で、息を吹きかけるだけでも水玉が転がっていく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

新しいGT-R娘とテニスをした ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます