So-net無料ブログ作成

AVCHDが悩ましい [PC/ゲーム/モバイル]

10年前に買ったビデオカメラが壊れてしまい、次の機種を選定中だ
10年前に買った機種は、その頃の各社のビデオカメラを比較視聴する機会があり、画質の良さからSONY製のビデオカメラにした。
今後比較視聴する機会を持つことはなさそうだが、私が雑誌やネットを見た範囲では今でもSONY製ビデオカメラの評判はいいようだ。
あまり関係ないが、仕事でもずっとSONY製を使ってきた。
結局次に買う機種もSONYのHDR-CX12にしようと思っている。

最近のビデオカメラはHDDかメモリカードに記録するAVCHD規格が主流だ。
テープであればテープごとに保存管理することができたが、HDDやメモリカード記録ではそうも行かない。
大容量のHDDであればある程度溜めておけるだろうが、それも限度があるだろう。
メモリカードを複数使い分けることもできないだろうが、テープほど気軽にできるとも思わない。
保存のために何らかのメディアに移す必要がある。

再生用にはHD画質の映像はBDに保存するのがいいと思う。
ほとんどのカメラメーカーは撮った映像をDVDに記録する手段を用意しているが、DVDが想定していないHD画質の映像を記録するのは互換性の点から違和感がある。
ウチにはPS3があるので問題はないと思うが、私の実家にはメーカー不詳のDVDプレーヤしかない。
孫の映像を楽しみにしている私の両親には、SD画質のDVDでしか選択肢がない。
互換性の無いDVDなんか作るぐらいなら、現状ではSD画質にダウンコンバートしてDVD化しておき、将来のためにHD画質映像はBD化するのがいいと思う。

BD化の手段として、ソニーやパナソニックでは自社のBDレコーダーを使う手段ぐらいしか用意していなさそうだ。
日立はBDドライブを搭載したカメラを出し、BDライターを用意するなど積極的だが、いかんせん画質の評価が低い。
各社で互換性のあるBDライターなんかを出してくれれば、有力な選択肢になると思うのだが。

ウチでのビデオカメラの役割は娘の成長記録という意味合いが強いので凝った編集をするつもりは無いが、まだBDレコーダーを買う気にはなれないので、PCでBDを作成することになると思う。
しかし、AVCHDをPCで編集してBDを作成する環境はまだ整っていない印象だ。
凝った編集をして作品に仕上げるような使い方には、まだミニDVのHDV記録のほうがとり回しがよさそうだ。
PCでDVを取り込んで編集するのも、DVDを作るのも敷居が低くなっていったように、PCでAVCHDからBDを作ることもいずれ簡単なことになるのだろう。

AVCHDを扱えるオーサリングソフトもいくつか出てきている。
以前DVDオーサリングソフトを試したときは、「TMPGEnc DVD Author 3」がベストに思えた。その後継ソフトでBD対応の「TMPGEnc Authoring Works 4」も出ているが、AVCHDで入力してもBDへの出力はMPEG2だ。互換性に配慮してのことだと思うのだが、画質的に問題ないとしても、釈然としない。
「Ulead DVD Moviewriter 6」も後継ソフトの「Ulead DVD Moviewriter 7」が出ている。「TMPGEnc Authoring Works 4」も「Ulead DVD Moviewriter 7」体験版が出ているので、前回同様に試用してみたが、前回同様「TMPGEnc Authoring Works 4」のほうが使用感がいい。

現状でベストな選択かはわからないが、今後のアップデート等でAVCHDの出力にも対応することを期待して、「TMPGEnc Authoring Works 4」を導入しようと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます