So-net無料ブログ作成

スポーツ用アンダーウェア [テニス]

夏場、屋外でテニスをするときには日焼け止めを塗っている。
黒くなるのは構わないのだが、やけどのようになるのを防ぐためだ。
先日プールに行った後、普段陽に当たらない肩が日焼け止めを塗ったにもかかわらず酷いことになり、数日苦しめられた。次回のプールに備え、ラッシュガードを買った。
夏場の屋外のテニスでは滴り落ちる汗も邪魔だ。ウェアが身体に張り付き動きを邪魔する。

以上の大きくないが決して小さくない悩みを解消できそうなものとして、コンプレッションウェアとかコンディショニングウェなどと呼ばれるスポーツ用のアンダーウェアがある。
いくつかの商品があるが主な機能としてパフォーマンスアップと疲労軽減、UVカット機能と吸水速乾による快適性が謳われている。
初めて見たときは全身タイツみたいで抵抗があったが、身近でも着用している人を見かけるようになり抵抗がなくなってきた。

スポーツ用品店の店員さんにテニスで使うと言うことで話を聞き、勧められたのがオーストラリア産まれのSkinsとワコールのCW-Xだった。
このふたつはコンセプトが異なるようで、Skinsは筋肉の疲労軽減、CW-Xは関節の負担軽減に重きが置かれているのではないかと思った。
どちらもある程度の締め付けがないと効果が期待できないので、サイズの選択は重要であり、店員さんに試着を勧められた。
Skinsのサイズの目安を見ると私の場合上下ともSとなるのだが手足を通すことができず、上下ともMがちょうど良かった。
CW-Xは上下とも最初はLを試したが、上はLでは緩い感じでMがちょうど良かった。
どちらも着るのはは簡単ではないが、着てしまえば適度な締め付けで快適だった。

どちらを買うかは非常に迷った。
理想は両方とも買い、運動時はCW-X、安息時はSkinsと使い分けることだと思ったが、高い買い物なので両方とはいかない。
散々迷った挙句、上下ともCW-Xを購入した。

使用感はまた改めて書こうと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

娘とプールに行ったCW-Xを使ってみた ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます