So-net無料ブログ作成

SRIXSONのラケットを試す [テニス]

テニスを始めたころ、ラケットの違いなど分からず、拘りも無くお店で薦められたものを使っていた。
それが、あるとき試打したダンロップ「2000RIM」の独特フィーリングが気に入り、「RIM2000」と名が変わっても使い続けた。
しかし、その「RIM2000」も廃番となってしまったので、その後継モデルともいえる「DIACLUSTER RIM 1.0」を使うようになった。
違和感が無いわけではなかったが、気にしないようにして使っていた。
機会があれば「RIM2000」や「DIACLUSTER RIM 1.0」とスペック上の重量やバランスが近いものの試打もした。印象のいいものもあったが、乗り換えようと強く思えるような、好みのラケットは無かった。

事前の情報から気になっていた、最近発売されたSRIXSONブランドの「X 2.0Tour」と「X 2.0」を試打することができた。二つとも粘るような感触が私の好みで、打っていてとても気持ちよかった。
私は「X 2.0Tour」が、一緒に試打をした妻は「X 2.0」が特に気に入った。

この試打の後、ひとつだけ困ったことがある。「X 2.0Tour」のとてもよい印象が残っていて、「RIM2000」は変わらず使えるが、「DIACLUSTER RIM 1.0」が使いにくく感じるようになっていしまった。
今は買い替えを強く考えている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます