So-net無料ブログ作成

BDレコーダを買った [映画/テレビ/オーディオ]

2009年の夏ごろに東芝の録画機能付きテレビ、レグザを買った
"見たら残さずに消す"という使い方にはこれで十分だったのだが、やはり長く使っていると残しておきたいと思えるものも出てくる。

レコーダは地デジ非対応のDVDのがあったが、アナログ放送が額縁放送となった今、保存用の録画に使う気に離れない。

アナログ停波を前に地デジ対応のBDレコーダに買い換えようと思っていたが、レグザで撮った番組を保存するとなると、レグザリンク・ダビングに対応した東芝のBDレコーダしかない。
レグザリンク・ダビングに対応した機種は現在4機種で、用途を考えるとRD-BZ700が適当に思えた。

BDレコーダーに関して東芝は文字通り出遅れていて、今のところ機能性や安定性で評判が悪い。そこでアナログ停波の直前まで買い替えを控えるつもりだったが、家族に頼まれたVHSでの録画に失敗したため、そのフォローのためにレグザで撮った番組をディスク化する必要が出てきた。

とりあえず品揃えの良いカメラ系量販店に見に行くと、ポイント還元分を考慮するとRD-BZ700はチラシでチェックしていた他店よりも安くなっていた。
意外にも妻は買い替えの好機と主張してくるので、私が消極的な態度を取ると、対応してくれていた店員が値引きを提示してきた。その結果、下位機種と同等の額にまでなったので、購入することとした。

最大の目的であるレグザリンク・ダビングで必要な番組をレコーダにダビングし、チャプター分けをしたあとにBDに書きこむことにした。
こうしてできたBDはPCやPS3で問題なく再生できたが、当のレコーダでは再生こそできるが、カウンターの表示が不安定で、操作に対するレスポンスが非常に悪く、フリーズすることも度々あった。
耐えかねた妻が、「許さんぞ東芝! こんなレコーダは早々に売り払ってくれる!!」と言いそうな勢いだったので、思いつく対策としてHDMIのレグザリンクを切り(ダビングはLANで行うので関係ない、ついでにXDEも切った)、高速起動を切り、アップデートを実施した。
これ以降は特に不具合は見られなず、アップデートが効いたのだろうと思う。

自動録画で設定できるキーワードがもっとあると良かったのだが、たくさんヒットして録画されても見ている時間もなかなか無いので、キーワードを上手く選定するようにして使いこなすしかないだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます