So-net無料ブログ作成

動画編集用のPC [PC/ゲーム/モバイル]

今使っているPCは動画編集に使うとパワー不足なので、動画編集用の新たなPCについて考えてみた。

まずはCPU選びだが、PCでの動画編集を前提とした場合、Sandy Bridge世代のCore iシリーズに搭載されるQuick Sync Videoは無視できない。
とにかくCPUは高性能である必要があるので、内蔵されるGPUのスペックも考えるとCore i7-2600Kが妥当となる。
次はマザーボードだが、Quick Sync Videoに対応したチップセットはH61かH67、Z68のいずれかで、H61では非対応のSATA3.0とUSB3.0に対応させたASRockのH61M/U3S3が価格と機能から良いように思えた。

メモリは多いに越したことはないので、メモリは4GB×2、OSはWin7の64bitしかないだろう。
起動とアプリケーション用のHDDは500GB、電源は80PLUS認証のもの、ケースはコンパクトなもの、と考えて、安くて評判の悪くないものから選んでみた。

データ用のHDD、光学ドライブ、ディスプレイは他のPCから流用し、いずれ必要に応じて更新したり買い足すということでパーツ代を計算すると、¥65,000を切る程度となり、前回から悩んだ末、結局発注した。

発注後、動画編集をする際にはリテールのCPUクーラーでは能力が不足気味かと思い、ネットの比較記事を参考に、値段と重量や性能からXIGMATEK「Gaia SD1283」を追加で注文した。

追加で注文したCPUクーラーは数日で届いたが、先に注文したPCパーツは結局届くまで一ヶ月かかった。
パーツが全て揃ったところで組んでみると、CPUクーラーのファンがHDDのケーブルと干渉するために、ファンを排気側に取り付けた。今のところ問題なく冷えている。

今後数ヶ月かけて徐々にパーツの追加や更新で動画編集用PCとしていくつもり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます