So-net無料ブログ作成

第9回星空宇宙天文検定を受けた [その他]

去年、天文宇宙検定の2級と3級を受験し両方合格できた
3級は成績優秀ということで御褒美に双眼鏡を頂戴した。同日に4級を受験したウチの娘も無事合格した。
今年は星空宇宙天文検定を受験した。
天文宇宙検定と星空宇宙検定は名前が似ていて出題範囲も被っているところもあるが、主催者以外にも違いある。

天文宇宙検定は天文学に関する知識を問う検定で、実益に直接繋がるようなものではない。
解答は4択マークシート式で、年1回、全国5か所で開催される。
例年、時間内に全てを答えきれない人がいるらしいほどの問題量で、私も見直しの途中で時間切れになった。

星空宇宙検定は星空に関する知識を問う検定で、これも趣味性の強いものだ。
解答は記述式で、年2回、東京都三鷹市で開催される。
星座の名前や位置、恒星の固有名やメシエ天体の番号と愛称、位置や種類等を覚えていないと高得点は難しい。

天文宇宙検定は4~1級、星空宇宙検定は5~1級に分かれていて、どちらも得点で級が決まるのではなく、級別に受験して所定の点数に達していれば、その級に合格となる(天文検定の1級は今年から得点によって1級と準1級に分かれるらしい)。
どの級からでも受験でき、連続した二つの級を受験できるが、1級は2級合格者でなければ受験できない。
本や公式サイトで過去の問題が解説付きで公開されているので、自分の今のレベルを確認することができる。
天文宇宙検定は公式テキストも出ており、これは受験する気がなくても天文学を広く学ぶのによい本だと思う。

4択マークシート式ならうろ覚えでも25%の確率で正解できそうだが、記述式はうろ覚えでは解答すらできない問題も出てくる。去年は天体の名前などほとんど覚えていなかったので、天文宇宙検定を受験することにした。
今年の夏になっても、相変わらず天体の名前は覚えられずにいたが、自信がないと逃げ続けていても埒が明かないので、自分に発破をかけるためにも2級と3級の受験申し込みをした。

試験勉強では過去問を何回か解き、自分の苦手を確認し、それを克服することにした。これは天文宇宙検定を受験するときにも行った方法だ。
自分の苦手はやはりメシエ天体だったので、比較的有名な天体に絞って覚えることにし、自分で星座盤にメシエ番号と種類がわかるように書き込んでいった。
星座に関する神話も苦手だが、覚えている範囲の問題ができることを祈って、試験に臨んだ。

勉強の甲斐あってか、3級は開始から10分弱で、2級は20分程度で解答と見直しができた。前日になんとなく過去の1級の問題と解説を見たのも役に立った。
後日の自己採点では十分に合格できる内容だったが、2級の受験した頃の土星の輪の見え方を問う問題を、思い込みで間違えていた。8月中に何度も望遠鏡で土星の輪を見ていたのに間違えたのがとても悔しい。

受験から10日もしないで点数の連絡がきた。3級は100点、2級は96点だった。
ウチの娘も同日に5級を受験して合格した。4級相当の実力はあると思っているが、段階を踏んで学んでほしく、また、4級を同時に受ける集中力もないと考え、5級のみの受験とした。今年は娘の付き合いで妻も5級を受験し、満点合格だった。
申し込みの際、別々に申し込んだのに、まとめて割り引いてくれた事務局にも感謝したい。

今度は星空案内人の資格を取るつもりだ。資格と言っても公的なものではないのだが、意外と人気があるようだ。
何回か講義を受ける必要があるが、受講したくてもすぐに定員になって締め切られたり、抽選になったりすることも多いらしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

マツダ デミオ(DY)からデミオ(DJ)..|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます