So-net無料ブログ作成
映画/テレビ/オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

テレビ放送も節電を [映画/テレビ/オーディオ]

今年の夏は東京電力管内で深刻な電力不足が懸念されている。
新聞を見ると、産業界や家庭での節電策が記事になっており、テレビ欄を見ると家庭でできる節電方法が紹介されているようだ。

最も深刻なのは夏の昼間の電力不足なので、海外ドラマや再放送ばかりやっているテレビ局も夏の昼間は放送を休止すれば良いと思うのだが、そのような動きはないのだろうか?
私は見ていなかったが、とあるテレビ番組でも同様のことを言っている人もいたらしいが、大きな動きにはなっていないように思う。
他人に節電を呼びかけるだけでなく、自ら率先して節電へ取り組んでいる姿勢を見せれば、テレビ局への評価もあがると 思うのだが。


ありがとうとう、東芝さん [映画/テレビ/オーディオ]

購入以来不具合があってアップデートでも解消されない東芝のBDレコーダ。
サポートにも電話してみたが、有効な解決策は示されなかった。

先日、「特定番組でAVC録画やDRからAVCへの変換ができない場合がある問題などが修正された」というアップデータが公開されたので、アップデートしてみた。
その結果、ずっと頭を悩ませていた不具合が解消され、BD化したい番組をまとめることができた。
これでようやく当初の目的を果たせたわけだが、別な番組で不具合が生じた。
通常の再生はできるのだが、早送りや早戻し、チャプタの頭出しができない。この番組は途中で緊急地震速報が入っており、それが影響しているのかもしれない。
地震速報が入った番組の録画はあとで見ると紛らわしいので(特に今は家族が過敏になっているので)、残すかどうか少し迷っている。

やっぱりだめだよ、東芝さん [映画/テレビ/オーディオ]

前回書いた、東芝のBDレコーダ、RD-BZ700の何度やってもAVCへの画質指定ダビングの途中で失敗する番組があるという不具合。
先日のアップデートで対処されると思っていたのだが、アップデート後も結局解消しなかった。

サポートに電話してもつながらず、今後の”月例”アップデートで解消されるのを、首を長くして待つしかなさそうだ。

しっかりしてよ、レグザブルーレイ [映画/テレビ/オーディオ]

先日買った東芝のBDレコーダ、RD-BZ700
録画機能付きレグザで録った番組のうち、保存したいと思える番組をディスク化するために買ったわけだが、何度やってもAVCへの画質指定ダビングの途中で失敗する番組がある。オリジナルが消失しないのが救いだが。

設定を色々変えて、思いつく事は全て試したが、失敗するタイミングもバラバラで、1%もいかずにフリーズすることもあれば40%ほど進んだところで失敗することもある。

私に「もう東芝製品は買わないよ」と思わせるに十分な不具合なのだが、どうやら次のアップデートで対処されるらしい。
これで本当に解消されれば良いのだが…

BDレコーダを買った [映画/テレビ/オーディオ]

2009年の夏ごろに東芝の録画機能付きテレビ、レグザを買った
"見たら残さずに消す"という使い方にはこれで十分だったのだが、やはり長く使っていると残しておきたいと思えるものも出てくる。

レコーダは地デジ非対応のDVDのがあったが、アナログ放送が額縁放送となった今、保存用の録画に使う気に離れない。

アナログ停波を前に地デジ対応のBDレコーダに買い換えようと思っていたが、レグザで撮った番組を保存するとなると、レグザリンク・ダビングに対応した東芝のBDレコーダしかない。
レグザリンク・ダビングに対応した機種は現在4機種で、用途を考えるとRD-BZ700が適当に思えた。

BDレコーダーに関して東芝は文字通り出遅れていて、今のところ機能性や安定性で評判が悪い。そこでアナログ停波の直前まで買い替えを控えるつもりだったが、家族に頼まれたVHSでの録画に失敗したため、そのフォローのためにレグザで撮った番組をディスク化する必要が出てきた。

とりあえず品揃えの良いカメラ系量販店に見に行くと、ポイント還元分を考慮するとRD-BZ700はチラシでチェックしていた他店よりも安くなっていた。
意外にも妻は買い替えの好機と主張してくるので、私が消極的な態度を取ると、対応してくれていた店員が値引きを提示してきた。その結果、下位機種と同等の額にまでなったので、購入することとした。

最大の目的であるレグザリンク・ダビングで必要な番組をレコーダにダビングし、チャプター分けをしたあとにBDに書きこむことにした。
こうしてできたBDはPCやPS3で問題なく再生できたが、当のレコーダでは再生こそできるが、カウンターの表示が不安定で、操作に対するレスポンスが非常に悪く、フリーズすることも度々あった。
耐えかねた妻が、「許さんぞ東芝! こんなレコーダは早々に売り払ってくれる!!」と言いそうな勢いだったので、思いつく対策としてHDMIのレグザリンクを切り(ダビングはLANで行うので関係ない、ついでにXDEも切った)、高速起動を切り、アップデートを実施した。
これ以降は特に不具合は見られなず、アップデートが効いたのだろうと思う。

自動録画で設定できるキーワードがもっとあると良かったのだが、たくさんヒットして録画されても見ている時間もなかなか無いので、キーワードを上手く選定するようにして使いこなすしかないだろう。

CX3にリングライトを [映画/テレビ/オーディオ]

仕事で使うためにリコーのCX2やその後継としてCX3を選んだのはリコーのデジカメはマクロ撮影に強いという印象があるからだった。
実際に試してみると約1cmまで寄れて、横幅約2cmを画面いっぱいに写すことができた。
ただ、明るい屋外ならともかく、屋内ではここまで寄るとカメラ本体が対象に影を作ってしまいうまく撮ることができない。
対策としてレンズ先端の周囲に光源を配置できるリングライトが有効だと思うのだが、高額なものや大柄なものはCX2/CX3に不釣り合いで、ちょうど良さそうなリングライトは見当たらなかったので、自作することを考えた。
ネットを見回せばLEDを使ったリングライトの自作例をいくつか見ることができる。LEDでバイクのウィンカーとそのリレーを作ったことに比べれば難易度は低そうだ。

マクロ撮影用なので照明から対象が近くなるためLED1個あたりの照度はやたらと高い必要はなく、また、ムラのない面発光に近いのが理想だと思うので、照射角が大き目のLEDを多数使うのがよいだろう。また、約1cmまで寄れる接写能力を考えると、光軸は内向きにしたほうよさそうだ。撮影対象に光沢がある場合も考えて付け外し可能な拡散板を併用も必要だろう。
屋内で使うことが前提なので電源は電池にこだわる必要は無い。そこで、今や万国共通の給電手段となりつつあるUSBを利用することにした。USBは規格上で5V、500mAの給電が可能なので白色LEDを20個程度光らせることができる。1個当たりに流す電流を小さくすれば数も増やせるが、リングライトのサイズとの兼ね合いから20個もあれば十分だろう。

以上の要件から大雑把な構成を考えて必要となるLED等を通販で注文した。
注文後、製作の手間を省けるような、改造のベースとなるライトはないか探していたら「サンコーレアモノショップ」に「USBライト付ルーペ」というものがあった。LEDがリング状に配置されているので、サイズさえ合えば今回の用途に使えそうだ。これも試しに買ってみることにした。
数日後に届いたUSBライト付ルーペから早速ルーペを外し、内側を少し削ることでCX3の鏡筒にぴったり嵌まった。
さすがにレンズ前1cmに光は集まらなかったが、マクロ撮影を大いに助けてくれそうだ。自作リングライトの製作は進めるとして、当面はこの改造品でしのげそうだ。

参考に、この改造リングライトを使用してキャラクターがプリントされた黒い布を屋内で撮影した画像を載せてみる。なお、オリジナルのままではブログの制限に引っかかるのでリサイズしてある。
リングライトがないとカメラが作る影のせいで一見真っ黒に見えるが、トーンカーブをいじればうっすらとプリントが写っているのが見える。
リングライトがあると、中央と周辺で明るさに差が目立つが、プリントと布地がハッキリわかる。
違いが極端に出た例だが、効果的な使い方が期待できそうだ。

リングライトなし.jpg


リングライトあり.jpg

「新劇場版ヱヴァンゲリヲン:破」を見た [映画/テレビ/オーディオ]

「新劇場版ヱヴァンゲリヲン:破」を見た。
凄い作品だった。
凄すぎて思わず泣きそうになった。
見るのを迷っている人は見るべきだと思う。

続けて「トランスフォーマー: リベンジ」も見た。
大衆娯楽として、アクション映画として、とても面白かったが、「エヴァ」の後では(目指しているところがちがうので、単純比較できるものではないが)少し霞んでしまう。


以下、少しだけ内容に触れると、



続きを読む


テレビを買い換えた [映画/テレビ/オーディオ]

家族が使う2台のテレビを買い換えることになった。
2台のうち1台は映りが悪くなり、もう一台は最近リモコンが利かなくなってきた。
前回書いたように、東芝のレグザにすることは決まったがサイズで迷っていた。
その後の家族と相談の結果、21型(4:3)は32V型(16:9)、29型(4:3)は42V型(16:9)にするとこにした。
32V型は倍速表示のある32C8000に決めた。42V型は、購入予定の量販店でプラス100円で500GBのUSB-HDDがセットになることがわかったので、42Z8000に決めた。

購入予定機種も決まり、家族も係わる大きな買い物だと言うことで、家族全員で買いに出かけた。
一応最終確認のためにいくつかの候補に残っていた機種も見たが、これ以上悩むのも面倒なので予定通りの機種でいくことにした。
このとき一緒に店内を見てまわっていた娘はソニーのXEL-1が気に入ったらしい。

ウチには娘の友達が集まってはしゃいだり、娘自身もアンパンマンやプリキュアを見て軽く画面をたたくことがある。当然注意するが、用心に越したことはない。
そこで、バッファローコクヨサプライの液晶TVガード(ハードタイプ)も一緒に購入することにした。

数日後、家に届いた2台のテレビを見た娘は、自分のテレビ(XEL-1)がないと怒っていた。

設置作業は自分でやった。これまでのブラウン管に比べれば軽くて楽だった。
実際に置いてみると、今までよりも壁に寄せることができたためか、画面が大きくなったにもかかわらず威圧感はなく、サイズ選びは間違いなかったと感じた。
液晶TVガードは画面を縁取るように貼った黒い隙間テープをクッションとなるようにして取り付けた。
また、なんとなくホコリが集まりそうに思えたので、帯電防止剤を塗ることにした。
帯電防止剤は専用のものもあるが、家にあったブリスにもホコリを付きにくくする効果があるらしいのでブリスを薄く塗った。

古いテレビは周辺のフォーカスが甘くなっていたので、新しいテレビではアナログの放送を見ても綺麗に見えるし。
画質の調整項目はたくさんあるが、あまりいじる必要性は感じなかった。
一応テストパターンを使って色合いと色の濃さを少しいじり、消費電力を落として明るさを少し下げた。

ネットで事前に調べたとき、最近の薄型テレビはどれもそうだが、音質がいまいちだと言われていた。
実際に聞いてみると、そもそも期待していなかったこともあるが、それほどひどいとは思わなかった。
時々破綻することもあるが、家族は不満に思っていないようなので、しばらくはそのままで使うことにした。

42Z8000はUSB-HDDにTS録画できる。
録画直前や録画中の操作に制限があったりして単体のレコーダーに劣るところもあるが、リモコンひとつでシームレスに使えて便利だし、"見たら残さずに消す"と言う使い方ならこれで十分だろう。
将来はBDレコーダーに役目を譲るかもしれないが、ディスクに残したいと思える番組がほとんどないからこのままでいいと思えてきた。

地デジへ [映画/テレビ/オーディオ]

我が家には3台のテレビがあり、地デジに対応しているのは私の部屋にある50V型のリアプロ1台のみ。
これはDVDやBD、PS3のゲームのために大画面が欲しかったもので、地デジ放送を見ることはほとんどない。将来出るであろうSEDや有機ELの大画面テレビまでのつなぎのつもりだったが、SEDも大型の有機ELも当分出そうになく、画質設定を時々いじりながら使っている。

家族が使っている2台のテレビは21型と29型の4:3のテレビだ。
CATVに加入しているのでアナログ停波後もしばらく使えるだろうし、壊れるまで買い換える必要は無いと思っていた。
しかし家族から、画面の端の文字等がきれて読めないことがあると、4:3テレビへの不満が出てきた。
2台とも10年以上働いてきたもので、1台は調整しきれないほど画質が悪化してきた。
家族からそろそろ買い換えても良いのではないかと言われ、検討してみることにした。

カタログ集めのために寄った電気店で展示品をぱっと見たが、どれも映りに大差ないように思えた。
昔私が見た液晶テレビよりもきれいになったように思うし、家族が使うことを考えれば黒浮きが問題になるようなことはないだろう。
各社のカタログを集めて一通り眺めたところ、気になったのは東芝の「おまかせドンピシャ高画質」という自動調整機能だった。ソニー好きな私からするといまいちなな、しかし言いたいことがなんとなくわかる格好つけないネーミングで、細かい調整なんてしそうもない家族が使うテレビには便利そうな機能だ。
ほかには動きボケを抑える倍速駆動も欲しいところだ。録画機能はなくてもいいような気もするが、リビングに置くテレビにはあってもいいような気もする。
欲を言えば超解像技術もあるといいのだが、まだ上位機種にしかないようで、そういうものは余計な機能も多いような気もする。
カタログを何度か見直してメーカーは東芝一社に絞り込んだ。

画面の高さを合わせるように考えると4:3の21型と29型は16:9の26V型と32V型がちょうどよさそうだが、メーカーはそれぞれ32V型と42V型への買い替えを推奨している。
収益性のためか、カタログを見るとどのメーカーも26V型以下にはやる気を感じられないので、32V型以上から選びたい気もするが、設置場所の関係もあるのでサイズを決めきれないでいる。
家族の意見も聞きながら機種を決めようと思う。

久しぶりにスキーに行ってきた [映画/テレビ/オーディオ]

先日、家族と北海道旅行に行ってきた。スキーもした。
私と妻にとっては久しぶりの、娘にとっては初めてのスキーだった。

スキー中の様子を撮るために「アクションカム5K(ATC5K)」などを購入した

ATC5Kはスキーブーツに固定して滑走中に撮影したが、前面に雪が溜まることが多かった。
ドーム状の透明なカバー等で前面を覆うことができれば、雪が溜まるのを防ぐことができたかもしれない。

IXY 900IS用に買ったデジタルカメラ専用防水ケース「DiCAPacα WP-410」とHDR-CX12用に買ったビデオカメラ用レインカバー「KATA CRC-17」も今回役立った。HDR-CX12はMCプロテクターも併用した。

娘はそれなりにスキーも楽しんでいたようで、その様子を一部とはいえ映像で残すことができたよかった。

前の10件 | - 映画/テレビ/オーディオ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます