So-net無料ブログ作成
クルマ/バイク ブログトップ
前の10件 | -

マツダ デミオ(DY)からデミオ(DJ)に買い替えた [クルマ/バイク]

我が家で10年乗り続けたデミオ(2005年式DY5、以下DY)を買い替えることにした。
DYに不満があるわけではなく、10年を超えると維持管理の手間が増えることが懸念されるからだ。
DYを選んだ理由は、主に運転する“MT限定免許”である妻の希望が「MTのコンパクトカー」だったからだ。
コンパクトカーでスポーツバージョンや営業車・レンタカー向けと思われる最廉価バージョンを除けば、MTが選べるのはデミオだけしか見当たらなかった。今回の買い替えでもその状況は変わらない。
しかし、DYの時は消去法的に選んだのだが、マツダというメーカーと、現在お世話になっているディーラの印象も良いので、他社・他車を選ぶつもりはなく、買い替えの対象はデミオ(以下DJ)一択だった。

DJではまず1.5ディーゼル(以下1.5D)か1.3ガソリン(以下1.3G)を選ぶことになる。
DYが1.5Gだったので1.5Dにするつもりだった。
厚いトルクが期待される1.5Dだが、試乗した印象ではターボが効きはじめるまでの加速感が弱く思えた。
我が家で想定される使い方はチョイ乗り主体であることから、担当営業さんからの薦めもあり、1.3Gに決めた。

納車後に乗り回した印象では、流れに合わせて走る分には1.3Gで不満はない。高速への合流でも不足に思うことはなかった。
MTはギアの入りが気持ちよく、シフトチェンジが楽しい。

サスペンションとシートは程よい硬さで、車体の剛性感もDYより上だと思う。長距離を運転しても疲れにくそうだ。DYの前に乗っていた国内最大手自動車会社のコンパクトカーはすぐに疲れた。

パワステは我が家のクルマとしては初の電動パワステ車になるが、車検時の代車として借りたことのある3代目デミオ(DE)の電動パワステよりもフィーリングが良いと思う。

DJは今時のクルマらしくアイドリングストップ機能(以下IS)がある。
ギアをニュートラルに入れ、クラッチペダルから足を離すとISが作動し、クラッチペダルを踏むとエンジンが再始動する。人間がギアを選択している間に再始動が完了すればよいので、再始動までのタイムラグで違和感はない。人間がもたつけば発進が遅れるのは、MTならばISがあってもなくても関係ない。

坂道発進時にブレーキを維持(最大2秒間)してくれるヒルローンチアシスト(以下HLA)も装備されていて、従来どおりサイドブレーキを引けばHLAはキャンセルされるようだ。私は坂道発進のときはブレーキを離す前から半クラにしているので、多少の坂ではずり落ちるようなことはないが、きつい坂や坂道で渋滞したときにはHLAに頼って楽ができそう。

DJで最大の難点は後席の居住性と小物入れなどの収納性だ。DYよりも大きく劣る点だが、試乗する前からわかっていたことだから覚悟の上だ。
ただ、室内空間が狭くなった分、空調の効きは良くなったように思う。

オーディオはUSBメモリに入れたMP3やAACのファイルを再生できる。
私の手持ちのオーディオデータはMP3か、x-アプリで取り込んだウォークマン用のATRACで、ATRACはロスレスもある。
これらはMediaGoでUSBメモリに転送すると適宜変換され、DJで再生できた。MediaGoはATRACのロスレスもATRACとして扱うので、データの共用が問題なく出来た。
DYもDJもうちのは標準装備のスピーカーだ。車内騒音も減っているのか、DYもよりもいろんな音が聞こえ、音質が良くなった気がする。

最近のマツダ純正ナビは評判が悪いらしいが、今のところ不満は見当たらない。
10年前の純正ナビよりもずっと使いやすいように思う。

ロードスター、幌撥水剤のコツ [クルマ/バイク]

ロードスターの幌には撥水剤を塗っている

ネットを徘徊しているとき、撥水剤を塗ったあとに強制的に乾かすと撥水力が強く長持ちするというのを見た気がするが、どこで見たかを記憶も記録もない。
とりあえず、試してみることにした。

幌に撥水剤を塗ったあと、右半分をドライヤーで念入りに、左半分を適当に乾かしてみた。
雨降りの日に幌の様子を見てみると、右半分の方には水玉が見られたが、左半分は濡れていた。
撥水剤塗布後に強制的に乾燥させるのは効果があるようだ。

ドライヤーで幌全面をしっかりと乾燥させるのは面倒臭いので、後日日向で塗布作業を行った。
それ以後は以前よりも撥水が維持されている。

悩ましいのは、ボディ洗車のことを思えば日差しは大敵、幌撥水加工のことを考えると日差しがありがたいと、相反することだ。

信号待ちでのアイドリングストップ [クルマ/バイク]

最近、信号待ちでエンジンを止める車やバイクを何台か見かけた。
無駄なアイドリングはやめるべきだが、信号待ちで一々エンジンを止めることに意義があるのか疑問に思った。

アイドリングストップのメリットとデメリットはWikipediaにもまとまってるいるし、詳しいことは日本自動車工業会や(財)省エネルギーセンターにある。
デメリットはとりあえずおいておいて、信号待ちでのアイドリングストップに効果があるのか、実践してみて一番確認がしやすい燃費を計測してみることにした。

私が通勤で使っているロードスターは満タン法で燃費を記録している。満タン法は精度の高い計測法ではないが、長い期間記録をとっていれば比較の参考になると思う。
過去のこの時期の燃費は以下のとおりで、
 2007年 9.6km/L
 2008年 10.3km/L
 2009年 10.1km/L
平均すれば約10.0km/Lになる。

アイドリングストップもエンジンの停止時間かが5秒以下では逆効果らしい。また、エンジン再始動に手間取ったり、信号が変わってから再始動するようでは円滑な交通の流れを妨げることになり、後続車の燃費を悪化させることなる。まごついてばかりいると後続車のドライバーが短気で気性の荒い人ならばバットで殴られる可能性すらある。
そこで実践に当たり、基本ルールとしていつもの通勤路で
 ・10秒程度以上の停車が見込める。
 ・信号の変わるタイミングが予想できる。
というふたつの条件がそろったときに限りエンジンを止めることにした。

約3週間信号待ちアイドリングストップを実行した結果、燃費は10.7km/Lとなった。
過去の数字に対してこれだけ違いがあれば効果はあるといえるだろうが、一般に言われるデメリットを覆すほどとは思えない。
また、3週間のうち最後の1週間でタイミングを見誤り青信号になってからエンジン再始動を行うミスを3回もしてしまい、遅れは2秒もなかったと思うが、このまま続けているとさらにミスを増やして、余計なトラブルを起こすことも有り得る。

以上のことから、信号待ちでのアイドリングストップはこれから増えてくるであろう自動アイドリングストップがついた車種に任せるとして、今の私の環境では信号待ちで一々手動でのアイドリングストップは原則的に必要ないと考える。

ETCの導入 [クルマ/バイク]

ETCは料金所渋滞解消のためとされているが、路線の変わり目の本線上の途中で料金所があるような現状では、仮に100%普及しても抜本的な解消にならないのは自然渋滞の発生要因を考えれば明らかだ。

普及促進のためにETC利用車のみが対象の様々な割引制度があるが、ウチは年に数回高速道路を使う程度なのでメリットを感じられず、導入しないでいた。
仮に普及率が100%に近づきETC非搭載車が極小数になると、料金所通過時の速度差が危険要因となるので、そのときはウチの車にも導入しようと考えていた。

しかし今回の景気刺激策でETC搭載の乗用車に休日1日乗り放題1000円になるという、あからさまなETC普及策がはじめると、意地を張り続けるわけにはいかない。年2回ほどの実家との往復でかなり金額の差となるからだ。導入に助成金が出るともあって、ウチにあるクルマ2台とバイク1台にも導入することにした。

助成金を受けるためにはいくつかの条件があり、ETC取り付けをディーラーで頼むとクルマの場合あまり得はならないという見積もりが出た。また、今回の普及策でETC車載器が一時的に品薄になったそうで、カー用品店や量販店でも手に入らないらしい。
以前、私の知り合いでカー用品店で取り付けを依頼したときに内装が破損して軽く揉めたことがあり、なんとなくカー用品は避けたかったので、割高かもしれないが作業をディーラーに依頼することにして、モノが入るのを待つこととした。

バイクのほうだが、外車オーナーに限った話らしいが、用品店での取り付けの仕上がりに納得いかずにディーラーに再作業を依頼する例もあると言う。用品店側で外車を煙たがることもあるかもしれないので、ディーラーに取り付けを依頼することにした。また、バイクのほうはディーラーで助成金を受けられる条件でもそれなりに助成金の意味があった。
ディーラーのほうで車載器をある程度確保していたらしく、すぐに取り付けられることになった。

ロードスター、ミッションオイルとデフオイル交換 [クルマ/バイク]

前回できなかったNCロードスターのミッションオイルとデフオイルを交換した。
ミッション・デフオイル交換用にオイルシリンジを持っているのだが、オイルが漏れて手がオイルまみれになる。
特にサラサラの全合成油は漏れが多い気がする。そこでシャンプーとかボディーソープのポンプボトルを使うことにした。
15年ほど前、バイクのフォークオイル交換時の油面調整用にシャンプーのポンプボトルを利用していたが、それと似たような発想だ。
しかし、あいにくウチには空きのポンプボトルがなかった。仕方なくハンズで約500円のポンプボトルを購入した。

NCロードスター(6MT)のミッションオイルはGL-4 75W-90を2.1L、デフオイルはGL-5 90を0.7±0.1Lが指定されている。
オイルは私の行動圏で入手しやすい全合成油ということで、ミッションにはRedLineのMT-90、デフには同じくRedLineの75W-90を選んだ。
前に乗っていたNBロードスターでも使っていたオイルで、好印象だったのも選んだ理由の一つだ。
1本の容量は1クォート(約946mL)なので、2本でも約1.89L。デフは1本で余裕だがミッションには2本では足りない。
素直に3本用意すべきだろうが、デフに使う75W-90はGL-5だがミッションにも使用可能とあるので、余った分をミッションに入れることにした。一応古いミッションオイルの排出は適当なところでやめることにした。

NBのミッション(5MT)のフィラプラグは四角凸のテーパーボルトだったが、NCでは普通の六角ボルトになっていた。
デフのオイルレベルプラグは23mm、デフのドレンプラグとミッションのフィラプラグとドレンプラグが24mmのレンチを使用した。
ワッシャのサイズを測るのは忘れてしまった。
何回か使えるものだが、今度の交換までにはディーラーで新品のワッシャを注文しておこうと思う。

交換作業はデフから行った。
抜いたデフオイルに透明感はなく金属粉が見られ、非常に小さい金属片も見られた。
新油は通常溢れるまで入れるものだが、今回はミッションオイルが足りなくなったときの追加分にも使う予定なので、なるべく溢れさせないように気をつけた。

デフオイルの交換作業の後にミッションオイルの交換作業に移った。
抜いたミッションオイルはまだ透明感は残っていたが、金属粉が多く見られた。金属片は見られなかった。
出来ればなるべく多く古いオイルを抜きたいところだが、今回はドレンから出るオイルの勢いが弱くなったところでやめた。
それでも2本分のオイルで足りなかったので、余らせたデフ用のオイルを追加した。

今回用意したポンプボトルの1回の吐出量は約3ccらしく、ミッションとデフをあわせると1000回近くポンピングすることになる。
しかし、サラサラな全合成油(ボディーソープやシャンプーよりも軟らかいかも)なのでポンプを押す力は大きくないし、スプリングで勝手に戻るので、手や腕が疲れるようなことはなかった。
頻繁にやる作業でもないので、これで問題ないだろう。

準備と片付けを含めて作業は約1.5時間。手もあまり汚れずにすんだ。
オイル交換後、シフトフィールは軽く硬質なものになった。


モーターショーに行った [クルマ/バイク]

家族とモーターショーに行った。
私は学生の頃から何回か行っているが、妻は2度目、2歳になる娘は初めてとなる。

ウチの娘は意外とクルマが好きだ。しかし会場ではプラレールに一番食い入っていた。やはり動くおもちゃが一番楽しいようだ。
娘を抱えてパンフレットとかを貰いにいくと、コンパニオンとか受付の人には娘の髪の綺麗さをほめられた。

妻は前からスマートが欲しいと言っていたが、スマートにはないMTがあるMINIが少し気に入ったようだった。
私はMINIと言いながらロードスターよりも重いのが気になった。

全体的に自動車メーカーや部品メーカーの展示はエコ絡みが中心のように思えた。
エコや安全は勿論重要だが、なんとなく今回のモーターショーは地味でこじんまりとした印象だった。
ショーなんだからいい意味で馬鹿げたコンセプトカーを沢山見たかった。

今回の収穫の一つはNCロードスターの16インチホイールと同一サイズのホイールが分かったことだ。
RAYS VOLKRACINGのRE30で、ロードスターのパーティーレースに参加しているショップの依頼でサイズが設定されたらしい。
これならインチアップしないで済むのだが、通勤メインで使っているクルマに、20万円以上かけるの無駄に思える。
来年のボーナスの頃まで少し悩んでみるつもりだ。

イベントの『エコドライブシュミレータ』に挑戦したらCO2排出量209g、燃費9.85km/Lだった。
見本はCO2排出量225g、燃費9.86km/Lらしい。なんだか計算がおかしいような気もするが、”シミュレータ”じゃなくて”シュミレータ”だから仕方ないか。

帰り道、車内から見る景色を見て、嬉しそうに「きれぇー、きれぇー」を連発。
いつも早く寝ているので、始めて見る夜の景色に相当感動したようだ。
娘にとってモーターショー自体はあまり楽しめなかったかもしれないが、連れてきた甲斐はあったようだ。


ロードスター、幌の撥水 [クルマ/バイク]

私はロードスターを運転するとき、余程のこと(雨とか花粉が多いとか)がない限り、オープンで走る。30分にも満たない通勤時もオープンで走る。
オープンで走っていると車室内が結構埃っぽくなる。以前乗っていたNBのシートはファブリック地で、たまに掃除していたが、埃が溜まって酷かった。
だから、NCに買い換えるときはレザーのシートを選んだ。レザーなら軽く拭くだけで済むと思ったからだ。

今のNCではレザーシートを選ぶと幌はファブリックとなる。
ファブリックの幌のメンテナンス用品は、探せば色々あるのだろうが、何軒か回ったうちで私が見たのは以下の二つ。
 ・オートグリム カブリオレ・ファブリック・フード・メンテナンスキット (クリーナーとプロテクターのセット)
 ・モータウン ソフトトップメンテナンスキット3 (シャンプーとウォータープルーフ、専用スポンジのセット。単品でも売られている)
オートグリムのは高そうだし(本来は内容量と1回の使用量を考慮して比べるべきだが、なんとなくイメージで…)、モータウンのはシャンプーに紫外線吸収剤が入っているので、モータウンのソフトトップメンテナンスキット3を選んだ。

実際の使用感だが、シャンプーの洗浄力は幌がまだ新しいくて汚れていないのでよくわからない。
撥水が効いていれば酷く汚れることもないだろうから、セットで使いつづけていると実力がわからないままだろう。

ウォータープルーフは幌が乾いた状態で作業するようにあるので、洗車直後では作業できない。
見た目は揮発性の高そうなサラサラの透明な液体で、塗り伸ばすような感触はない。どこまで塗布できたかが見た目ではわからない。
塗りの残しがないようにするためにも、複数回塗布するのがいいだろう。
作業中は湿度が高いときでも静電気でバチバチするようだ。神経質になることでもないだろうが、火気厳禁な雰囲気では作業しないほうがいいかもしれない。

ウォータープルーフの撥水効果だが、さすがに台風のようなたたきつける雨に長時間さらされると雨がしみ込む(勿論、車室内にまでしみ込むことはない)が、乾けば撥水性は戻る。
気持ち良いぐらいの撥水性で、息を吹きかけるだけでも水玉が転がっていく。


新しいGT-R [クルマ/バイク]

新しいGTーRに関して、仲間のクルマ好きとの会話。

「新しいGT-Rが正式に発表されたね」

「GT選手権はトヨタがレクサスだし、GT-Rが出るようになったら高級車だらけだね」

「ホンダは今もNSXだよね、次どうすんの?」

「もう、オデッセイでいいんじゃね」

「じゃあトヨタはエスティマ、日産はプレサージュあたりか」

「もうピットクルーも乗せて走っちゃえよ」

「コースアウトしたらみんなでコースに押し戻すの」

「3列目シートの乗降性が勝負の分かれ目だな」

「助手席はレースクイーンな」

「監督一人がピットで待ってるの」


キャリパー塗装 [クルマ/バイク]

NCロードスターのブレーキキャリパーには何の色気もない、見た目は普通のキャリパーだ。
別にブレンボを付けろ、というほどでもないが、もう少し見た目を何とかしてほしかった。
そこで、キャリパーとローターの一部を塗ってみた。単なる自己満足だ。

問題は、塗膜が弱く、ホイールをはめるときにホイールが当たると剥げること。ブレーキクリーナーでも落ちる。
もっと塗膜の強い商品を探すべきだったと少し後悔している。


NCロードスターのアライメント調整 [クルマ/バイク]

NCロードスターのアライメントを調整することにした。
別にアライメントが狂っていると感じたわけではなく、なんとなくやってみたかったから。
事前にディーラーでもらった整備書のコピーを見ながら、車高を測るところから始めた。
整備書の指示に従って、ほぼ満タンに近い状態で、車載工具やジャッキ、パンク修理キットは降ろした。

アライメントを測定してみると、全て基準値内で、左右のばらつきも基準値内。
しかし、ばらつきがほとんどなくなるまで、敢えて調整してみることにした。

調整は前輪から始めた。
NBでは前後のカムを同相/逆相に回すことでキャンバー/キャスターを調整したが、NCでは前側カムでキャンバー、後側カムでキャスターを調整するように指示されている。
結局はどちらかをいじればもう一方も変化するので、両方を繰り返し調整することになる。
調整中に一つ困ったことで、手持ちの工具では右前輪の後側カムのボルトが回せない。ギアレンチがあれば回せそうなのだが、仕方ないので右側のキャスターに左側を合わせることにした。ほぼ基準値どおりなので全く問題は無い。

前輪のトゥまで調整が終わったところで後輪の調整に入る。
NBでは前後のカムを同相/逆相に回すことでキャンバー/トゥを調整したが、NCでは前側カムでキャンバー、後側カムでトゥを調整するように指示されている。
しかし、どちらを回しても大きくトゥが変化するので、結局NBののように同時に同相/逆相に回して調整することにした。
先にキャンバーを調整し、それからトゥを調整し、左右の差がなくなるように微調整した。

測定と調整を繰り返し、満足できる値になった。完全な自己満足。
走り出してみると大きな違いはないが、乗り味が以前乗っていたNBに近づいたような気がした。
まぁ、気のせいだろうけど。気分よく運転が出来ることがいいのだ。


前の10件 | - クルマ/バイク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます